【ご注意!】使う時の約束(利用規約)を読んでください。

いじめかきこみ寺 - 児童・生徒向け掲示板

相談電話:03-5719-2170 相談メールアドレス:kodomo@mamoro.org

いじめに立ち向かった私の母の話 - 石頭おやじ

2020/02/01(Sat) 14:02:00

保護者の皆様の参考になればと
いじめにあった時に私の母が全身全霊をかけて
示してくれた愛情について書きたいと思いました。
保護者の方々に、いじめの対応で最も必要なのは、
相手をやっつけることよりも、
お子様を愛することであるということを、
私なりにお伝えしたいと思います。

次のスレから、長くなります。
自分のことで精いっぱいで、
人の話など聞いてられない!という方は
どうか読まずに無視してください。

では、はじめます。

Re:いじめに立ち向かった私の母の話 - 石頭おやじ

2020/02/01(Sat) 14:25:52

昭和の時代です。高度成長期で、父親は24時間働く企業戦士。給料も右肩上がりで、我が家は賃貸から念願の一戸建てに引っ越しました。
兄が中1、私が小3の3学期です。
兄が転入した中学は、荒れている中学でした。窓ガラスがいっぱい割れているような中学です。そして、転校初日から兄はつかまりました。
何日かして、兄から相談を受けた母は、担任の元へ相談に行きましたが、のらりくらり「注意はしますが、あいつらは札付きなんでねぇ」とか、「学校の中では注意して見守りますが、学校の外に出たら責任もてないですよ~」とかそんな感じです。
しばらく見ていてもいじめは一向に収まらず、先生が注意してくれたかもわからない状況が続きました。そして、ある日、兄の帰りがいつもより遅い・・・と母が心配しているので、私が自転車で探しに行くことになりました。その私がいない間に帰ってきた兄は制服がボロボロで体中痣だらけ、左腕が竹刀でたたかれはれ上がっていたそうです。
母は逆上して、「やった子の家は知っているか?そこに母さんを案内しなさい」と兄を伴って相手の家に向かっていきました。
(相手の親との直接交渉は、この掲示板本部は推奨していません。ケンカになるだけですし、相手が反社かもしれませんのご注意下さい)
相手の家についた母は、相手の親に息子を玄関口にまで呼び出させ「二度と家の息子に近づくな、今度やったら警察に突き出す」と伝え、相手の母親に「二度とこんなことさせないように、子供をしつけろ!」と怒鳴ったそうです。その時、相手の母親が言ったのは「私は後妻で、この人は私の子ではないので、私の言うことは聞きません、私も手をやいています。どうか警察でもどこでも突き出してください」というものだったそうです・

帰り道、母は兄に言ったそうです。
「あんたは幸せや、あんたを絶対に守る母親がいる、心配して自転車で飛び出した弟もいる、家族がいる」
そして、続けて「あの子を見ろ、あの子に母親はいない。自分で叱らずに、警察に突き出してくれという他人と暮らしている。そのそばでオモチャで遊んでいた幼子も、おそらくはあの子と血がつながってないだろう。お兄ちゃんが怒られているのに、知らん顔で遊んでいる・・・あの子よりあんたの方が幸せやからな、負けたらあかんで、あんたには家族がついてるんやからな」
そう言って励ましたそうです。
気が付いたら母のサンダルは右と左が違うモノだったと、大人になってから聞きました。

しかし、そんな単純にいじめは解決しません。
ここから兄の「逃れる」という戦いが始まります。

Re:いじめに立ち向かった私の母の話 - 石頭おやじ

2020/02/01(Sat) 14:42:24

母は兄に言いました。
「1時間目ギリギリに登校し、6時間目が終わったらすぐに走って家に帰ってこい、お弁当は職員室で食べるように担任に話はつけた。トイレは昼休みに職員トイレで済ます以外は行くな」という指示です。
そして、毎日10円を渡し「帰り道、もし誰かに捕まったら、一番近くにある家に飛び込んで、この10円を家の人に渡して、電話を掛けさせてもらいなさい。家に電話してきたら、お母さんが必ず迎えにいく」そういう指示をしたそうです。
3学期も残り1ヵ月くらいでしょうか?兄は毎日、10円を握りしめて、家路を駆けたそうです。
大人になってから兄が教えてくれました。
「家が見えた時、あぁ、あそこに帰ったら大丈夫、あそこにさえ帰れたら・・・」そう毎日思ったそうです。あの暖かい家がなければ、もしかしたら絶望して・・・そんなことを、大人になった兄から聞きました。

実は私は私で小学校ではいじめを受けていましたが、兄のことでいっぱいいっぱいの母には言えませんでした。
ただ、兄を守ろうとする母の背中を見て、自力で解決しっようと心に誓ったのは覚えています。
父はというと働く以外なにもしません。家のことはおまえ(母)に任せるの一点張り。昭和の悪しき家族形態です。

さて、兄が逃げ続ける1ヵ月の間、母は学校と交渉を重ねていました。いじめ加害生徒と2年生ではクラスを変えること。そして、いじめに厳しく対処してくれる先生を担任につけてもらえるような交渉です。

兄は逃げ切り、春休みを迎えました。
そして、2年生になる時の担任が決まり母と事前に面談することになりました。

Re:いじめに立ち向かった私の母の話 - 石頭おやじ

2020/02/01(Sat) 14:57:22

兄の2年の担任は、強面の人を頼んだはずなのに、温厚なベテラン教師だったそうです。
しかし、母に会うなり「お母さん、1年生の時は大変でしたね、引き継ぎは受けています。私が責任をもって守りますから、どうか安心してください」
そう言ってくれたそうです。張りつめて学校に行っていた母は、少し涙ぐんだそうです。
まだ何の具体策もない、気持ちだけの言葉、空手形かもしれないけれど、そういって気持ちに寄り添ってもらえることのありがたさが沁みたと母は言っていました。
その担任は、問題のある生徒に厳しく当たるよりも、話を聞いて気持ちを理解してやるタイプの指導をしていたようです。それだけに生徒間のパワーバランスを熟知していたようです。普通、担任はそこまでしませんが、その担任は転校生で友達のいない兄に友達を紹介してくれました。その少年は真面目で寡黙なタイプで友達が少なくいつも独りでいる少年だったようです。しかし、その少年は少林寺拳法をやっていて、おそらく本気で戦えば学年で1番強いであろうと、ヤンキー軍団も一目置く少年だったようです。
少林拳士君は学校ではいつも兄と一緒に行動してくれて、登下校も一緒にするようになりました。
兄を追い込んだ少年は、廊下ですれ違う時に、舌打ちをして睨んだりはしたそうですが、もう何も言ってこなかったそうです。

いじめは2年生になってからなくなりました。
しかし、兄は卒業するまで、命の10円をポケットに入れていたそうです。決して安心できる中学生活はなかったと、今も言っています。

Re:いじめに立ち向かった私の母の話 - 石頭おやじ

2020/02/01(Sat) 15:04:54

話は終わりです。長々と失礼しました。
読んでいただいた方、ありがとうございました。

お伝えしたいことは、保護者の方の愛情がお子様を救うということです。
私の母の方法論も、正しいわけではありません。
相手の親と直接交渉なんて、絶対にしてはいけません。

しかし、母の愛情があったから、兄は今もこの世にいるのだなと確実に思います。当然、私もです。

お子様がいじめ被害にあった時には、どうかありったけの愛情をお子様に示してあげてほしいと思います。
解決の方法は必ず見つかります。
それまで、保護者の方の愛情が、お子様の命をつなぎます。

この掲示板には相談に応える人だけでなく、実際に自分のお子様がいじめ被害にあった方々も見ていると思います。
想いを分かち合うだけでも、明日の活力になるかもしれません。

どんな些細なことでも書き込んでほしいと思います。
私の母がそうしてくれたように、私も多くのお子様やいじめ被害に苦しむ保護者に方に寄り添いたいと思っています。

ありがとうございました。

Re:いじめに立ち向かった私の母の話 - AY*

2020/02/01(Sat) 23:51:19

石頭おやじさん、こんにちは
私は子育て中です。
「お子さんを私が責任を持って
守りますから、お母さん
どうか安心して下さい。」
と言って下さる先生に、私も
会うことができました。
これは、本当にありがたいことなのだ
と感じています。

しかし、掲示板の回答をしていて
思うことは、いじめられている子供を、
全力で守ってくれる先生は、なかなか
いないということです。
でも、望みはあります。
先生や学年主任や校長先生たちが
協力することで被害者を守ることが
できるのではないか、と思います。

私も微力ではありますが、お子様が
いじめを受け、苦しんでおられる
お父様やお母様の力になりたい
と思っています。
これからもよろしくお願い致します。

Re:いじめに立ち向かった私の母の話 - やみなべ

2020/02/04(Tue) 21:02:32

まずは、スレへの割り込み失礼します。

私は、石頭おやじさんに賛意も反論も
する気はありません。

ただ、この場を借りて、私がなぜ
「もしかして」という言葉の重要性を
自分のスレで提言したか、その本当の
理由を説明させて頂ければと思います。
掲示板の流れを見る限り、それを説明
する必要性がありそうだと思えたので。

もしかして という言葉を重要視する理由 - やみなべ

2020/02/04(Tue) 21:31:04

 実は、私は、もしかして の一言が、
言いたいことを言えない人と
コミュニケーションを取るうえで欠か
せぬ一言であるという事を、我が身で
経験しているのです。

 うちの祖母は、もうなくなりましたが、
生前は認知症と脳梗塞を併発していました。
 で、亡くなる二年ぐらい前に、急に
容体が悪くなり、それまで動くことも、
食べる事も、思いを話すことも出来て
いたのに、急な容体悪化でその3つ全てが
出来なくなったのです。俗にいう寝たきり
点滴の状態です。でも、意識や認識、判断
、経験といった部分はしっかり残っていま
した。ただ、呂律を司る中枢が手ひどく
やられて、思いをはっきりとした日本語
として話す事が9割9分出来なくなった
のです。
 実は、この祖母と疎通を成立させて
くれた言葉が、「もしかして」だったの
です。
 親戚は祖母と会話する事そのものを
諦めましたが、私は祖母を社会から隔絶
するのは辛かったので、慶事だけは祖母に
話していました。そうしているうちに、
祖母が「そだー」「ばかー」の2語だけは
はっきり発音しているのを目にしたのです。
 これは用法としては、こちらの言う事に
祖母が同意した場合は「そだー」何にも
分かってねえと思ったら「ばかー」みたい
な感じです。
 これに気づいてからは、祖母が何かを
言った時には、あれこれ考え続けて
「祖母ちゃんもしかして
こういいたいのか?」と聞いてみて、
返事を聞くという作業を、正解を引き当てる
まで何度もやるというのが私の日課と
なりました。
そうしていくうちに私の想像力は祖母
に合わせた形で広がっていき、また正解
を引き当てればそれが手掛かりにもなり、
日がたつにつれて少ない回数で正解できる
ようになり、亡くなる半年前には1回で
「そだー」となるようになりました。

これは頭の良し悪しではなく、ひとえに
反復練習という話です。自分に都合のいい
見方を全て排除した上での。自分の見解を
否定された事でどうこう言ってられる状況
ではありませんでした。

 私がここでこれを言った理由は、お年寄り
だけではなく子どもたちの事に相対する上
でも、同じことが大切であるという思い
がある故です。私たち大人が「もしかして」
という言葉を大事にする事で、子どもたちは
その言葉の心を学ぶのだと思います。
相田みつをがいう所の「観音様の心」を。


 断っておきますが、この考え方の原型は、
実は、私が気づくより前に漫画家の雷句誠氏が
著書「金色のガッシュ!!」で示しています。
 

返信

お名前 *
タイトル *
メッセージ *i-mode絵文字 au絵文字 SoftBank絵文字
文字色                
編集/削除キー *(半角英数字のみで4文字以上 ※キーを忘れないように)

確認ボタンを押して、次の画面で内容を確認してから投稿して下さい。

Copyright(C) 2007- いじめから子供を守ろうネットワーク All rights reserved.